« アーモンドアイを止められるか? | トップページ | ラッキーライラックの勝利の方程式 »

JRA GI 2020 第十六戦「天皇賞(秋)」

 枠順が発表されました。アーモンドアイがもし不覚をとるなら、真ん中より外枠に入ったときと思っていたので、その予想をそのまま展開します。ただ複勝圏をアーモンドアイが外すとはこのメンバー、この舞台設定では思えないので、本命はアーモンドアイです。

 飛ばしていく馬がいないので、おそらくハナはダイワキャグニーかジナンボーか、いずれにせよハイペースの縦長の展開にはならないだろうというところがまず前提です。アーモンドアイが抜群のスタートを決め、前々ですっと内に入られるともう手の打ちようはないと思っています。

 まずはアーモンドアイは出たなりで外目にポジションを決め、馬群は固まって動き最後は瞬発力勝負になると思っていて、内目で前につけ先にスパートできる、もしくはアーモンドアイと同等の末脚が使える馬 ダノンキングリーを対抗に選びます。

◎ アーモンドアイ
○ ダノンキングリー
▲ フィエールマン
△ クロノジェネシス
△ ダノンプレミアム
× スカーレットカラー
× キセキ

 今週から B コースに変わりますし、土曜日は雨も降ってません。ある程度、パワーよりスピードが優先される馬場であると考えています。フィエールマンは 2000m 前後で勝ちきれないイメージがあるのですが、東京芝 2000m は初めての舞台で、かつ血統的にも京都芝 3200m よりは合ってるような気がするので、その未知数の面も含めて重きを見ています。

 クロノジェネシスは確かに切れる脚ももってはいるのですが、さぁこのレベルの馬が集まって良馬場で切れ味勝負となると…後ろからいく馬にご用なはないと思っていますが、唯一スカーレットカラーは怖いと思っていて、逆にダノンプレミアムキセキはちょっときついかなぁ…それよりダイワキャグニーの前残りの方が…とも思ったりもしているので、ダノンプレミアム以下は、実際のパドックを見てから。

 小頭数ですし、荒れる要素はないと思っているのですが…さて、秋三連敗中では説得力 0 orz この状況、今週こそは…と思っています (^^;A

|

« アーモンドアイを止められるか? | トップページ | ラッキーライラックの勝利の方程式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーモンドアイを止められるか? | トップページ | ラッキーライラックの勝利の方程式 »