« サリオスの真価 | トップページ

JRA GI 2020 第十八戦「マイルチャンピオンシップ」

 前日売りウォッズでは、春のマイル女王 グランアレグリアが人気を集めているようですが、三歳世代 No.2 、ここを狙ってきたサリオス、昨年覇者 インディチャンプ、マイル GI 3 勝のアドマイヤマーズまでは、人気ほど実力に開きがないと思っています。

 ここまでの臨戦過程で、一頓挫あったインディチャンプは割り引いて、さらに実力差がないと踏むと、大外のサリオスは明らかに不利。

 そうなってくると…

◎ アドマイヤマーズ
○ グランアレグリア
▲ サウンドキアラ
△ サリオス
△ インディチャンプ
× レシステンシア
× ケイアイノーテック

 ペルシアンナイトは 4 着かと… (^^;A

 ひとまずそれは置いといて、この秋の GI は一番人気が 5 連勝中で逆らってはダメなような気がするのですが、グランアレグリアは過去人気を信じて何度か裏切られているので、どうしても信じ切れません。かといって、先週、川田 騎手を信じて裏切られているので、アドマイヤマーズを軸にしていくかというと正直まだ悩んでいます。

 ただ穴で狙うなら GI 馬以外と思っていて、ならばスワンステークスで馬場の悪いところを通らされて惨敗し、今回、メンツの関係もあって、人気を落としているサウンドキアラ、有利な内目の枠、最近、チークピーシーズの効果で明らかに戦績が安定してきたケイアイノーテックは、狙い所かと思います。

 こう考えると、ペルシアンナイトもそうですが、ラウダシオンまで手が回らず、入れ替え候補としては考えますが、堅く収まるとグランアレグリアを信じるならば、もっと絞っていくべきと考えますし、逆に落ちることも前提にするなら、手を広げるべきと考えます。

 この予想を前提にして、明日、発走までにさらに検討を重ねたいと思います。

|

« サリオスの真価 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サリオスの真価 | トップページ