« 一度負けたダノンザキッドは蘇るのか? | トップページ | やはりアリストテレスか?…いやワールドプレミアか?!それとも… »

「皐月賞」 - JRA GI 2021 第 5 戦 -

 ここまでの前哨戦で、昨年末のホープフルステークス、2 月の共同通信杯は、別格にレベルが高く、そこで力を見せつけたダノンザキッドエフフォーリアは力が抜けていると言わざる得ません。

 ダノンザキッドは弥生賞での敗戦で評価を落としていますが、中山 2000m の経験値も含め、ローテーション的にもエフフォーリア相手に絶対の差はないと思っています。

 さらに、中山は晴れているようですが、現時点で重馬場。回復しても稍重まででしょう。馬場のいいところを選んで走れる枠順的にも真ん中は、この二頭の力を後押しするでしょう。

◎ ダノンザキッド
○ エフフォーリア
▲ グラティアス
△ ヨーホーレイク
△ ステラヴェローチェ
× ラーゴム
× アドマイヤハダル

 本命 ダノンザキッドと対抗 エフフォーリアの差は、鞍上の経験値の差で決めました。この二頭が抜けているとは思いますが、もしこの一角を崩すなら、パンパンの良馬場を望めない状況で前で競馬して押し切れる力があるグラティアスかと。タイトルホルダーと同じような位置で競馬するでしょうが、グラティアスは負け知らずの上に、二戦連発で上がり最速を計時。前で抜けるならこの馬かと。

 二強が抜けて、三着争いとなった場合は、この二頭より内にいて、どんな馬場でも確実に末脚を使ってくるヨーホーレイク。馬場が想像以上に悪くなったときのバゴ産駒 ステラヴェローチェラーゴムは、おそらく二強と同じような位置で競馬をするでしょうが、ごちゃつけば、この馬の経験値というかしぶとさが生きてきそうな気がする。

 正直、スプリングステークスはあまり評価しておらず、のこりすみれステークスからのディープモンスターと、若葉ステークス勝ちのアドマイヤハダルは、直接対決しているので、アドマイヤハダルを上に見ました。

 ということで、入れ替え候補として、ディープモンスターと、ヴィクティファルスは考えますが、あくまで上位馬に異常を感じられたとき。基本は、本命・対抗の二頭に、一発のグラティアスを加えて絞っていきます。

 ひとまず当てましょう。連敗しているので、そこが第一。中継が始まったら、まずは馬場のチェックから念入りに…

|

« 一度負けたダノンザキッドは蘇るのか? | トップページ | やはりアリストテレスか?…いやワールドプレミアか?!それとも… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一度負けたダノンザキッドは蘇るのか? | トップページ | やはりアリストテレスか?…いやワールドプレミアか?!それとも… »