« 白き女王 ソダシは止められるのか? | トップページ | 一度負けたダノンザキッドは蘇るのか? »

「桜花賞」 - JRA GI 2021 第 4 戦 -

 前日オッズで、メイケイエールが 3 番人気…意外 (^^;A

 阪神ジュベナイルフィリーズの 1 着 ソダシ、 2 着 サトノレイナスに、クイーンカップを勝ったアカイトリノムスメが敵うのか…そう言う構図だと思っていたら、なんとメイケイエールが想定以上の人気。

 トライアルは見るものがなかった。未対戦の別路線組から…というのが大方の論法ですが、チューリップ賞にしても、フィリーズレビューにしても、レースの内容云々はひとまずおいといて、このタイムで走破してくる馬を無視してはいけないレベルだと思います。

 特にメイケイエールは、正直、格好のいいレースではなかったですが、あのタイム、同着とはいえ、エリザベスタワーを抑えきったのですから、秘めた能力には一目置くべき。さらに言うと、この馬、1600m を馬の気に任せて走らせたことはないのです。腹をくくって行ったとき、はたしてマイルが本当にもたないのかは謎のままです。

 また、今日の阪神牝馬ステークスを見ていても、B コースに変わって、内が絶対有利とまでは言いませんが、勝ったデゼルのコース取りを見ても、あまり外を回っては、前を捕らえきれない早い馬場。

 明日も雨の予報はなく、ここまで条件が揃えば、おそらく、メイケイエールは行くでしょう。どれくらいのペースで引っ張るかは分かりませんが、その後に付けるのが枠順もいい、ソダシとアカイトリノムスメ。早く内に潜り込みたいサトノレイナスは、この三頭を見る位置しか取れないでしょう。

 そうなってくると…

◎ ソダシ
○ サトノレイナス
▲ メイケイエール
△ アカイトリノムスメ
△ エリザベスタワー
× アールドヴィーヴル
× ソングライン

 メイケイエールがこれだけ人気になっているのに、あれだけ口向きの悪さを見せて、それでも同着に持ち込んだエリザベスタワーは、逆に評価が低すぎ。そして、わずか二戦目で、東京輸送の重賞で、アカイトリノムスメに迫ってみせたアールドヴィーヴルの末脚、そして、フィリーズレビュー以上のタイムで紅梅ステークスを楽勝したソングラインも、まだ底を見せておらず、切れる脚をもっていそうで、要は、メイケイエールを捕まえるために前が早めに動いたところを、後からという絵で抑えにかかってます。

 正直、そんなに差はないと思っています。うまく競馬をしたもの勝ち…そんなレースになりそう。。。そうするとソダシの運の強さと完成度の高さが、またもサトノレイナスを上回ってしまうのではないかと…

 ただ、どう買うかはこれからじっくり考えます d(^^;A

|

« 白き女王 ソダシは止められるのか? | トップページ | 一度負けたダノンザキッドは蘇るのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白き女王 ソダシは止められるのか? | トップページ | 一度負けたダノンザキッドは蘇るのか? »