« 「高松宮記念」 - JRA GI 2021 第 2 戦 - | トップページ | 「大阪杯」 - JRA GI 2021 第 3 戦 - »

コントレイルか、グランアレグリアか…それともサリオスか?

 馬場は重馬場、決して、トップスピードを争う純粋なスプリント能力勝負ではなかったと思うのですが、それでも逃げた前年覇者 モズスーパーフレアを、内に突っ込んで必殺のタイミングで抜け出したインディチャンプを、外に回って脚を伸ばしレシステンシアを、きっちり力でねじ伏せたダノンスマッシュ。見事でした。

 レースは手に汗握るものでしたが、結果は波乱なく三連複 1 番人気ですが、ここはきっちり抑えることができました。20210328

 抑えるところはしっかり抑えていきましょう。今週も抑えるべき GI 大阪杯です。

 阪神芝 2000m 、このコース形態で、昨年の三冠馬 コントレイルは、勝ち負けはまだしも、無様な競馬をするわけには行かない舞台設定です。これに対して、昨年の最優秀短距離馬 グランアレグリアは 2000m どころかマイル以上の距離が初挑戦。スプリントよりはあう気はしますが、なにせこれまで距離を縮めて結果を出してきたのは、その性分に問題が合ったからですが、5 歳となって果たして…というところは多分にあると思います。

 この 2 頭にばかり、話題が集中していますが、個人的には、この二頭をまとめて負かすならサリオスだと思っています。コントレイル、グランアレグリアがディープインパクト産駒なのに対して、こちらはハーツクライ産駒。伸びしろはサリオスの方が大きいように思いますし、実際、マイルチャンピオンシップでは 5 着に敗れましたが、グランアレグリア以上の末脚を駆使しています。

 競馬に絶対はないことは重々承知しているつもりですが、この三頭をまとめて負かす…これは至難の業と言わざる得ず、一角崩しがあるかないか?焦点はそこだと思っています。

 

|

« 「高松宮記念」 - JRA GI 2021 第 2 戦 - | トップページ | 「大阪杯」 - JRA GI 2021 第 3 戦 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「高松宮記念」 - JRA GI 2021 第 2 戦 - | トップページ | 「大阪杯」 - JRA GI 2021 第 3 戦 - »