« 「皐月賞」 - JRA GI 2021 第 5 戦 - | トップページ | 「天皇賞(春)」 - JRA GI 2021 第 6 戦 - »

やはりアリストテレスか?…いやワールドプレミアか?!それとも…

 大阪杯とも、桜花賞とも違う、しかし驚愕のレースでした>皐月賞

 スタート直後にエフフォーリアの後に付け、最後の直線まで内に閉じ込め、外から馬場のいいところを選んで上がってきたと思ったダノンザキッド。ところがそこまで…ずるずると沈んでいって 15 着。それに対して、閉じ込められてもジタバタせず、迷わず内から伸びたエフフォーリア。まさかあれほどの着差を付けてぶっちぎるとは…ここまで明暗が分かれるとは正直、思いませんでした。

 エフフォーリアの強さは素直に認めるとして、しかし、ダノンザキッド。ゲート裏でも異常に発汗していて気になってはいたのですが、レース後、元ジョッキーの安藤勝己さんが、「絞ったエフフォーリアと、減ってしまったダノンザキッド」といっていましたが、二度の関東圏輸送と、調教の誤算…それだけだといいのですが…ジャスタウェイ産駒って、ハーツクライの血を引いているので晩成とかいわれてますが、単に早熟って気がしなくも…あと、気性で走っている感のある同産駒。ああいう負け方をしてしまうと…両馬ともダービーに向かうらしいので、ちょっと見方を変えた方がいいかもしれません。

 さて、三連敗を喫して、気分転換に一週おやすみ。これが初戦の気持ちで向かいます春の天皇賞 w

 AJCC を勝ったときは、春天はこの馬だと思ったアリストテレスが、阪神大賞典でまさかの惨敗。馬場のせいもあったかと思いますが、今週末も土、日ともに天気は微妙。やはりこの馬は 2400m 前後で強く、3000m を超えると他馬をねじ伏せるほどの長距離適性はないと思います。

 とはいっても、他に血統的に見ても絶対的な長距離適性がある馬がいるかというと疑問。ただ今回は長距離戦で絶対有利な内枠に入りました。C. ルメール騎手も同じ轍は二度踏まないでしょう。やはりアリストテレスか…

 いや、最内枠に、一昨年前の菊花賞馬 ワールドプレミアも。ただワールドプレミアは初騎乗の福永 騎手。長距離成績がいい気がする鞍上と、菊花賞を制して見せた息の長い末脚。うまく噛み合うと…

 ただどこまで馬場が悪化するかも想定しないと…と、只今情報収集まっただ中です (^^;A

|

« 「皐月賞」 - JRA GI 2021 第 5 戦 - | トップページ | 「天皇賞(春)」 - JRA GI 2021 第 6 戦 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「皐月賞」 - JRA GI 2021 第 5 戦 - | トップページ | 「天皇賞(春)」 - JRA GI 2021 第 6 戦 - »