« 「大阪杯」 - JRA GI 2021 第 3 戦 - | トップページ | 「桜花賞」 - JRA GI 2021 第 4 戦 - »

白き女王 ソダシは止められるのか?

 やはり見ておくだけのレースにしておくべきでした orz

 想定以上に馬場が悪くなったときのために、モズベッロには注目していたのですが、まさか同馬が人気上位馬をぶち抜くほどの道悪になっていたとは…稍重程度なら難なくこなすコントレイルやグランアレグリアの脚が上がるほどの、見た目以上に悪い馬場、その馬場をものともせず、レイパパレが逃げ切ってしまうとは…えぇ、掲示板にのった馬、全頭馬券に入れてましたが、さすがに当たりの組み合わせがありませんでした (T^T)

 こういう事もあろうかと、いつもに輪をかけて少額しか買ってなかったので、すっぱり忘れることにします。

 桜花賞です!ここを当てて、まだまだある春の GI シリーズ、早い目に軌道修正したい!

 基本は、阪神ジュベナイルフィリーズの 1 着、最優秀 2 歳牝馬ソダシと 2 着 サトノレイナスを中心視していいと思います。それを覆すほどのインパクトのある前哨戦は、なかったと判断しています。

 またその阪神 JF は、勝負に勝ったソダシと、相撲で勝ったサトノレイナスというイメージで、能力的にはサトノレイナスを上位に考えてます。

 ただソダシはクロフネ産駒、サトノレイナスの全兄はサトノフラッグで、ディープインパクト産駒と、両馬とも完成度は高いタイプで、成長力に疑問を感じますので、能力的には昨年末と大きく変わることはない、その上で、前哨戦、あのレースを覆すインパクトを与えた馬はいなかった。

 そう考えると、好位につける競馬をするだろうソダシと、それを見ながら進むサトノレイナス。おそらくチューリップ賞を勝ったメイケイエールは行くでしょう。そうなると…と、今、考えを進めているところです。

|

« 「大阪杯」 - JRA GI 2021 第 3 戦 - | トップページ | 「桜花賞」 - JRA GI 2021 第 4 戦 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大阪杯」 - JRA GI 2021 第 3 戦 - | トップページ | 「桜花賞」 - JRA GI 2021 第 4 戦 - »