« 「優駿牝馬(オークス)」 - JRA GI 2021 第 9 戦 - | トップページ | 「東京優駿(日本ダービー)」 - JRA GI 2021 第 10 戦 - »

エフフォーリア二冠なるか?

 オークスはソダシと心中しました orz

 それが全てです。最後の直線を向いて、先頭に躍り出ようとしたとき、もしかしたら…と思いましたが、坂を登り切るところまでいきませんでした。途中、折り合いを欠くような場面もありましたが、あれがソダシの距離の限界かと思います。しかし、逆に、2000m ならいけそうな気もします。秋華賞でリベンジを期待して…今は素直に、オークス馬 ユーバーレーベンへ祝福と、同馬の脚の怪我がたいしたことがないように祈るばかり。

 さて、今週はダービーです!ダービー獲れれば全て由!ここまでの連敗は忘れて一戦入魂でいきます!

 皐月賞で、あれだけの力の差を見せたエフフォーリアを中心視していいでしょう。父 エピファネイア×母父 ハーツクライ、このダービーを勝つようなら、菊花賞も楽しみになる血統です。枠も最内。大外よりはいいでしょう。

 対するは、別路線組でしょうか?

 桜花賞から牝馬の切れ味を武器にダービーに参戦してきたサトノレイナス、休み明けで調整不足が心配されながら青葉賞をきっちり制したワンダフルタウン、毎日杯をレコードで制した良血 シャフリヤール、京都新聞杯も含めて 2200m 以上のレースを連勝してきているレッドジェネシス…このあたりをよく吟味して、展開を予想し、果たして打倒 エフフォーリアなるか?

…今回は心中しません! w ちゃんと考えます!

|

« 「優駿牝馬(オークス)」 - JRA GI 2021 第 9 戦 - | トップページ | 「東京優駿(日本ダービー)」 - JRA GI 2021 第 10 戦 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「優駿牝馬(オークス)」 - JRA GI 2021 第 9 戦 - | トップページ | 「東京優駿(日本ダービー)」 - JRA GI 2021 第 10 戦 - »