« グレナディアガーズが勝ってさえいてくれたなら… | トップページ | グランアレグリア、負けられない戦い »

「NHK マイルカップ」 - JRA GI 2021 第 7 戦 -

 今週の NHK マイルカップは、久々に馬場の心配をすることなく、パンパンの良馬場とみて良さそうです。

 こうなってくると、昨年の朝日杯フューチュリティステークスをレコードで制しているグレナディアガーズ、これに前哨戦 ファルコンステークスで、好タイムで勝ったルークズネスト、ニュージーランドトロフィーを好タイムで押し切ったバスラットレオン、さらにアーリントンカップを勝ったホウオウアマゾンも、デイリー杯 2 歳ステークスで 1 分 32 秒台の時計を持っていますので、前々で決まる時計勝負となる可能性は高いと思います。

◎ グレナディアガーズ
○ ホウオウアマゾン
▲ ソングライン
△ バスラットレオン
△ ルークズネスト
× シュネルマイスター
× ピクシーナイト

 前々で競馬できる有力馬が揃いましたので、是が非でも逃げたい馬がいないとなるとペースは落ち着いて、いよいよ後ろの馬の出番はなくなりそうですが、前が競り合ってペースが上がるなら、牝馬のキレが怖そうで、桜花賞でいいところのなかったソングラインをもう一度、狙ってみたいと思っています。紅梅ステークスのタイムから、能力はあると思ってるんですよねぇ…

 ピクシーナイトのアーリントン C は案外でしたが、左回りでもう一度。持ち時計のないシュネルマイスターは評価を落としました。

 血統的にマイルがこなせそうなランドオブリバティも気になるのですが、なにせ高速決着も、早い上がりも経験なしとなると強く推せません。入れ替え候補で。

 馬券戦略は人気上位組とソングラインをどう絡めて買うか…只今検討中です m(_ _)m

|

« グレナディアガーズが勝ってさえいてくれたなら… | トップページ | グランアレグリア、負けられない戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グレナディアガーズが勝ってさえいてくれたなら… | トップページ | グランアレグリア、負けられない戦い »