« 「ヴィクトリアマイル」 - JRA GI 2021 第 8 戦 - | トップページ | 「優駿牝馬(オークス)」 - JRA GI 2021 第 9 戦 - »

ソダシを信じる

 すごいレースでした>ヴィクトリアマイル

 もちろん、昨年の最優秀短距離馬 グランアレグリアが、その実力を遺憾なく発揮し、圧勝して見せたその強さもすごかったのですが、やはり中段から後ろにいた馬はほぼ前には届かず、前にいた馬は、グランアレグリアに並ぶ間もなく交わされると、力尽きたように脱落していく…その中で、内でうまく立ち回れたらと思っていたマジックキャッスルはまだしも、切れる脚はないと思っていたランブリングアレーに、前に言ったら伸びないと思っていたシゲルピンクダイヤ、終始同じような位置で粘りきったディアンドルなど、グランアレグリアにふるい落とされずに掲示板に残った馬は、まったくマークしていなかった馬ばかり…反省を重ねても、なぜああなったのかまったく分からないレース。競馬の難しさを思い知りました orz

 そして、今週は更に難しいオークスです。

 桜花賞 2 着 サトノレイナスがダービーに挑戦することになった以上、能力的にソダシを上回る馬はいないと思います。ただ東京 2400m と言う距離だけの問題。札幌 2 歳ステークスを勝っていますし、マイルが適性距離の下限ギリギリかと思いますし、牝馬戦ですから他に 2400m と言う距離に絶対の適性を持つ馬もいないと思います。

 こうなると、ソダシが勝てるか勝てないかという話ではなく、ソダシが勝つところを見てみたい。

 半分は感情論であることは分かりますが、こうでもしないと、まとまりがつきません。それくらい、差がないと思っています。ソダシを中心に、まだ未対戦の馬と、桜花賞組でもマイルが忙しかった馬を中心に、絞っていきたいと思います。

|

« 「ヴィクトリアマイル」 - JRA GI 2021 第 8 戦 - | トップページ | 「優駿牝馬(オークス)」 - JRA GI 2021 第 9 戦 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ヴィクトリアマイル」 - JRA GI 2021 第 8 戦 - | トップページ | 「優駿牝馬(オークス)」 - JRA GI 2021 第 9 戦 - »