« 「安田記念」 - JRA GI 2021 第 11 戦 - | トップページ | 「宝塚記念」 - JRA GI 2021 第 12 戦 - »

レイパパレに感じる危険な香り

 安田記念はまさか、まさかの連続でした。

 なんと言ってもマイルでグランアレグリアが負けるとは…C. ルメール 騎手が「手応えが前回(ヴィクトリアマイル)と全く違っていました。」とコメントしている通り、やはり間隔を十分に開けないと、使い減りが激しいのではないか一縷の不安はありました。それでも 3F 32.9 で上がっているわけですし、団子になればもしやと思いましたが、実際、団子になって最後の直線、先に中から抜け出したグランアレグリアを、後から差し切るなどと…まさかでした>ダノンキングリー

 そして、なんと言っても、斥量差があったとは言え、インディチャンプがマイルで 3 歳馬シュネルマイスターに競り負けるとは… orz

 絞りすぎて、四頭とも馬券の中に入るのに当たりはないというパターン…最近、馬券の当て方が分からなくなってきました (T^T)

 それでも上半期、勝って終わりたい!

 今週はいよいよ前半オーラス、宝塚記念です。

 回避が相次ぎ、13 頭立てと少し頭数的には寂しくなりましたが、それでも前年覇者、牝馬初のグランプリ三連覇がかかるクロノジェネシス、大阪杯で並み居る GI 馬をなで切りにし、無敗で GI 制覇を成し遂げたレイパパレが参戦。さらに、銀の女王 カレンブーケドールと、牝馬の一線級が揃い、しかも、投票上位馬とそれ以外でかなり実力に開きがあるように思え、牝馬三頭で決まってもおかしくはない気もします。

 ただ…

 前年は大阪杯から直行だったクロノジェネシスは、香港ならまだしも、ドバイ帰りの初戦で、しかも北村騎手負傷のため、C.ルメール騎手に乗り変わり、もちろん初騎乗。カレンブーケドールも、ここ一番で信用するとあれ?ということがある馬ですし、なんと言っても牝馬が 3200m の天皇賞からのローテーションと言うところも気になります。

 特に、レイパパレは、あまりにも大阪杯の勝ち方が圧倒的だったもので、一気に株を爆上げしてますが、そもそも 2000m ですら距離不安を囁かれた馬ではなかったでしたっけ?

 ま、有馬記念のように、信頼できる牡馬一頭から牝馬全頭に流せば安心という気もしますが…え?ミスマンマミーア?!これは意外に…しかも、日曜の降水確率が今( 24 日時点) 80% !!

 とにかく、馬券の当て方を思い出すためにも、冷静になってじっくり考えます d(^^;A

 

|

« 「安田記念」 - JRA GI 2021 第 11 戦 - | トップページ | 「宝塚記念」 - JRA GI 2021 第 12 戦 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「安田記念」 - JRA GI 2021 第 11 戦 - | トップページ | 「宝塚記念」 - JRA GI 2021 第 12 戦 - »