« 「菊花賞」 - JRA GI 2021 第 15 戦 - | トップページ | 「天皇賞(秋)」 - JRA GI 2021 第 16 戦 - »

コントレイル VS グランアレグリア再び!

 外枠は不利と思いましたが、それでもあの 5 馬身差は決定的なものでしょう。まさかデュラメンテの仔があれほどの長距離適性を示すとは…スタートから押して前へ、そして先頭を譲らず、直線に入っても後続を突き放しての 5 馬身ですから 3000m という距離適性に関しては、タイトルホルダーが秀でていたと言わざる得ません。対して、3 着以下はコース取りの差がもろに出た感じで、オーソクレースも内枠ならもっと迫れたかも知れませんが、ひっくり返せたかは疑問です。

 今年の菊花賞、難しすぎる…と絞って買ってみると、これが馬連的中。さすがに三連複で牝馬は買えませんでしたが、獲れたことを今回は素直に喜びます。

20211024

 さて、目が戻ったところで連勝といきましょう。

 今週の秋の天皇賞は、コントレイル VS グランアレグリアの再戦。これが鍵でしょう。

 菊花賞ではなく、こちらに照準を定めてきた今年の皐月賞馬 エフフォーリアも人気しそうですが、脚質的に切れるイメージはなく、接近戦の上がり勝負になった場合、相手が、ジャパンカップで引退する、無敗三冠馬の名にかけてもう負けられないコントレイルと、GI 5 勝、三階級制覇を狙うグランアレグリアでは相手が悪すぎます。

 おそらく上位 3 頭では一番前に行くでしょうし、斥量の 2kg 差、春からの成長に加えて、展開の助けがないとエフフォーリアはしんどいか…他の馬も考えていましたが、この枠順を見ると…

 ただ競馬に絶対はない。当日の馬場状態、パドックも踏まえて、今回もじっくりと絞り込んでいきたいと思います。

|

« 「菊花賞」 - JRA GI 2021 第 15 戦 - | トップページ | 「天皇賞(秋)」 - JRA GI 2021 第 16 戦 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「菊花賞」 - JRA GI 2021 第 15 戦 - | トップページ | 「天皇賞(秋)」 - JRA GI 2021 第 16 戦 - »