« オーソクレースを狙っていたのですが… | トップページ | コントレイル VS グランアレグリア再び! »

「菊花賞」 - JRA GI 2021 第 15 戦 -

 骨折放牧明けのセントライト記念も 3 着と好走し、昨年、GI ホープフルステークス 2 着、さらに母系もどちらかと言えば、長めの距離に適性を示し、さらに父は菊花賞馬 エピファネイア。混戦が予想される今年の菊花賞において、オーソクレースは注目していたのですが、枠は大外。

 全馬未経験の阪神 3000m 。能力的に絶対の差がなければ、内有利です。離して逃げる馬もいそうにありせんし、外々を回らされると、最後の直線、坂でガス欠ということになりかねません。

 となると、内でかつ前々の競馬で押し切れるか、真ん中より前につけて切れる脚を使える馬…というと、前々で押し切れそうなタイトルホルダーしか見当たらなかったんですよね…

◎ タイトルホルダー
○ オーソクレース
▲ エアサージュ
△ ステラヴェローチェ
△ レッドジェネシス
× ヴィクティファルス
× ヴァイスメテオール

 エアサージュは、洋芝 2600m の札幌日刊スポーツ杯を逃げ切っており、波乱なら逃げ切り、逃げ粘りが怖いと思って、大穴として選びました。中段より後ろから行くならステラヴェローチェレッドジェネシスがいますし、前はスムーズな競馬を優先するだろうタイトルホルダーがいます。中途半端な競馬をしたところで台頭できないと思われ、父 ハーツクライ、母父 ガリレオという血統的には、圧倒的にスタミナ血統のヴィクティファルスと、ラジオ NIKKEI 賞からの休み明けというところが気になりますが、能力的には間違いなさそうなヴァイスメテオールまでが気になっています。

 すでに三連複で当てることは、あきらめ始めています w 絞って上手く拾えたら…ということで、タイトルホルダーと、オーソクレース中心で馬券戦略を考え中です。

|

« オーソクレースを狙っていたのですが… | トップページ | コントレイル VS グランアレグリア再び! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーソクレースを狙っていたのですが… | トップページ | コントレイル VS グランアレグリア再び! »