« グランアレグリア、ラストラン! | トップページ | コントレイル、ラストラン! »

「マイルチャンピオンシップ」 - JRA GI 2021 第 18 戦 -

 これがラストランとなる昨年の覇者 グランアレグリアの鞍上が C. ルメール騎手、安田記念を勝ったダノンキングリーを前哨戦でねじ伏せた 3 最マイル王 シュネルマイスターの鞍上が横山 武史騎手、そして、一昨年の覇者、今年も勝ちはないですが、どんな条件でも崩れないインディチャンプに福永騎手と、先週のエリザベス女王杯を除けば、今年の秋の GI を見ていると、この 3 頭を切るのは止めた方がいいような気がします。

 ただそれぞれに不安点はあって、グランアレグリアは間隔が詰まっていること、シュネルマイスターは初めての輸送、インディチャンプはなんと言っても今年勝ててませんし、叩いた方がいいようなタイプ。と言うことで、天皇賞(秋)ほど絞り込むと危ないと思います。

 もし、この三頭を力で負かすとすると、サリオスでしょう。昨年も出遅れた上、大外を回して 5 着。しかし、上がり最速でしたし、決して、力負けではないような気がします。今回は、枠もいいですし、この馬の力が不利なく出せれば…一角崩しあると思います!

◎ グランアレグリア
○ シュネルマイスター
▲ サリオス
△ インディチャンプ
△ サウンドキアラ
× ホウオウアマゾン
× カテドラル

 阪神競馬場は、ちょっと時計のかかる特殊な馬場になっていますので、好位で抜け出せるか、前々で競馬を進められる馬を中心視しています。腹をくくって末脚勝負に来るであろうカテドラルだけは要注意で抑えます。

 三歳馬に注目が集まっていますが、シュネルマイスター以外で取るなら、前々で競馬ができるホウオウアマゾンかなと。グレナディアガーズは 1400m がベストというような気がしますし、ダノンザキッドは距離云々より、ジャスタウェイ産駒って早熟なんじゃないかと疑っています。次点として取るなら、ダノンザキッドですが、それより評価を落としすぎなケイデンスコールも気になっていますが、ここから絞ることはあっても、手を広げるのは…と思っています。

 馬券戦略はこれから考えますが、いつものように三連複フォーメーションで、人気薄を抑えるのかなぁ…と思っています。

|

« グランアレグリア、ラストラン! | トップページ | コントレイル、ラストラン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランアレグリア、ラストラン! | トップページ | コントレイル、ラストラン! »