« 「エリザベス女王杯」 - JRA GI 2021 第 17 戦 - | トップページ | 「マイルチャンピオンシップ」 - JRA GI 2021 第 18 戦 - »

グランアレグリア、ラストラン!

 エリザベス女王杯は、なぜああなったのか…

 確かに、ウインマリリンには見た目にも分かる腫れがありました。レイパパレも、C. ルメール 騎手をもってしても抑えきれていないように見え、いやアカイトリノムスメは…と思ったのですが、最後の直線では、秋華賞で見せたような伸びはなく、外から勝ったアカイイトに被せられ、あえなく後退…人気上位馬三頭に、あった不安が全て顕在化はしましたが、それでも、あそこまで総崩れになるとは…

 今年は、春のビクトリアマイルもそうでしたが、古馬牝馬 GI はどちらも、何度見返しても理解不能な大波乱でした。。。と言うことで、忘れましょう w

 今週はマイルチャンピオンシップです。

 このレースがラストランとなることが発表された前年覇者 グランアレグリアには C. ルメール 騎手。春の安田記念で、グランアレグリアに次ぐ 3 着に迫り、前走毎日王冠で、安田記念覇者 ダノンキングリーをねじ伏せた 3 歳馬 シュネルマイスターには、絶好調の若武者 横山 武史 騎手。そして、米国遠征から戻ってきた福永 騎手はインディチャンプに…ひとまず、ここを抑えておけば大丈夫!

 …ではないでしょう w が、これら三頭が上位人気を形成することは間違いなく、この牙城を崩す馬がいるのか?そこに焦点を絞って、考えるのが正解かと思って、今、思考を巡らしております。。。

|

« 「エリザベス女王杯」 - JRA GI 2021 第 17 戦 - | トップページ | 「マイルチャンピオンシップ」 - JRA GI 2021 第 18 戦 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「エリザベス女王杯」 - JRA GI 2021 第 17 戦 - | トップページ | 「マイルチャンピオンシップ」 - JRA GI 2021 第 18 戦 - »